咬み合わせ|大和市大和駅で歯科をお探しの方はアポロニアデンタルクリニックまで

咬み合わせ

 

咬み合わせとは

「咬み合わせ」とは、上下の歯が接触して合わさることです。理論上は、下あごにある筋肉である「咀嚼筋」が最もリラックスしている状態でかみ合っていることが望ましいとされています。しかし、咬み合わせは何らかの理由でずれてしまうことが多く、歯科医院での治療が必要になることがあります。

イメージ画像

咬み合わせが悪いと体に与える影響

咬み合わせが悪いと、虫歯になりやすい

咬み合わせが良いと歯と歯の接触で歯垢が落ちたり、つきにくくなったりするのですが、咬み合わせが悪いと虫歯の原因となる「歯垢(プラーク)」が付着しやすくなり、虫歯になりやすいです。

イメージ画像

咬み合わせが悪いと、歯周病になりやすい

咬み合わせの悪さで「噛む力」がまっすぐに加わらなくなり、歯だけに負担がかかりやすくなるため歯周病になりやすくなります。また、歯周病の進行も早くなる恐れもあります。

イメージ画像

咬み合わせが悪いと、顎関節症になりやすい

咬み合わせが安定しないので、あごへの負担が大きくなり、顎関節症のリスクが高くなります。顎関節症は、お口の開閉の障害だけではなく、頭痛や肩こり、耳鳴りなどの口回りとはまったく関係なさそうな症状の原因になる可能性もあります。

イメージ画像

咬み合わせが悪いと体に与える影響

咬み合わせが悪くなることには、様々な原因が考えられます。
まず「歯並びの悪さ」です。若いうちは多少歯並びが悪くても筋肉や関節が柔らかいので目立った症状がないのですが、年齢とともにこれらの柔軟性が失われることで、次第に歯並びの悪さが咬み合わせの悪さに影響します。
次に「歯ぎしり」です。歯ぎしりをすることによって歯が削れてしまい、咬み合わせが悪くなります。
次に「あごの変形」です。何らかの原因であご骨が変形してしまうと咬み合わせの悪さをもたらします。
最後に「歯の治療」に関してです。これは主に2種類あり、抜歯治療をそのまま放置していることによる周囲の歯の移動による影響と、奥歯の詰め物や入れ歯が合っていないために、咬み合わせが悪くなる場合があります。

咬み合わせと歯並びは違う

歯並びの悪さは、咬み合わせに悪影響を与える原因となりますが、歯並びを綺麗にするだけで咬み合わせも良くなるというわけではありません。
咬み合わせの治療に際しては、顎の骨の動きまで考慮して治療をする必要があります。顔の形によって骨の形も異なるため、一人一人の骨の形に合った「最適な顎の動き」というのは異なります。
当院では顎の動きまで考慮した咬み合わせ治療を行っております。

イメージ画像

咬み合わせの治療法

咬み合わせの治療は、個々の患者さんの咬み合わせや顎の状態に合わせて治療法を選択します。
歯並びが悪くなっている場合には、矯正治療を行います。編み合わせが左右でずれていたり、低くなっている場合には、仮の被せものや既存の詰めものの調整を行います。必要に応じて虫歯や歯周病の治療を行い、最終的に咬み合わせのチェックを行います。
歯ぎしりが原因の場合にはマウスピースでの保護も行います。咬み合わせの治療には長い期間を要することが多いので、咬み合わせに異常を感じたら早めに治療を始めることをお勧めします。

イメージ画像
 
アポロニアデンタルクリニック

予約はこちら

予約はこちら

 

診療科目

■一般歯科 ■小児歯科
■矯正歯科 ■定期健診
■スポーツガードマウスピース
■顎関節 ■審美歯科
■歯周病
 
 

診療時間

診療時間

土・日曜日午後は17時までの診療となります。


お待たせすることをできるだけ少なくするため、「予約制」とさせていただいております。お電話にて症状とご都合をお聞かせください。
■急患随時受付
■各種保険取り扱い
(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます)

 
当院へのアクセス

【住所】
〒242-0017
神奈川県大和市大和東2-7-5

【TEL】
046-259-7407
 
【電車】
●小田急・相鉄 大和駅 徒歩3分