歯を抜かない矯正|大和市大和駅の歯医者、矯正歯科|土曜日曜診療|アポロニアデンタルクリニック分割料金可

診療時間
10:00~13:00
15:00~20:00

休診日:祝日
 ▲:15:00~17:00
※土・日曜日午後は17時までの診療となります。

〒242-0017
神奈川県大和市大和東2-7-5

tel. 046-259-7407
  • 地図
  • メニュー

矯正治療で歯を「抜く」か「抜かない」か

矯正治療というと「歯を抜く」というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。歯並びの乱れが小さい場合は、歯を抜かない「非抜歯矯正」が可能になることが多いです。
特に「すきっ歯」のように歯と歯に隙間が空いている場合は、そのスペースを利用して非抜歯矯正を行うことがあります。

しかし、顎が小さいために歯が詰まって歯がデコボコになっている場合は、きれいに並べる空間を作るために抜歯が必要になります。
他にも、突出した前歯の「出っ歯」、下の前歯が突出して通常の咬み合わせとは反対の「受け口」などは適切な抜歯が必要です。非抜歯矯正をして歯並びだけを整えても、咬み合わせや見た目の問題が解決できない可能性があるからです。

非抜歯での矯正方法

  • 奥歯を後退させる

    全体の歯を後ろに動かすスペースを作るために、まずは左右の奥歯を後ろに動かして5mm程度のスペースを作る「後方移動」とよばれる方法です。動かしたい範囲に歯を支える骨があることが条件なので、歯列に少し余裕が必要です。
    通常は、親知らずを抜歯して治療します。「非抜歯」とは異なるように思えますが、親知らずは抜歯が推奨されることもあるので、これは非抜歯矯正とされています。
    マウスピース型矯正装置を用いることが多い治療方法です。

  • 歯と歯が接する面を削る

    「前歯が少し大きいために歯列がデコボコしている」など、軽度な場合に用いられる「ストリッピング」という方法です。数本の前歯の側面を削り、歯がきれいに並べるだけのスペースを作ります。歯の表面にあるエナメル質を、本来の厚みの半分以下にあたる0.2~0.6mmだけヤスリのような道具で削ります。知覚過敏や虫歯などのトラブルが起こる心配はありません。抜歯するほどスペースを必要としない軽度の症例に適しています。

  • 顎を広げる

    歯の土台は、奥歯から逆の奥歯まで半円を描くようにU字型になっています。顎を広げる矯正治療を行うと、この土台も外側に広がるので、歯がきちんと並ぶスペースを作ることができます。
    しかし、顎の成長があまり見込めない大人には向いていません。小児矯正の場合でも、もともとの顎の大きさによっては広がり方が不十分なことがあります。さらに、拡大しやすい上顎に比べて下顎は広がりにくいなど、改善が期待できる症例は限られます。

非抜歯のメリット

大和市・アポロニアデンタルクリニック

これまでは抜歯を伴う矯正治療がメインでしたが、最近では歯を抜かない矯正のメリットが周知され、選ばれるケースが増えてきています。
トラブルのない健康な歯を抜くことに、抵抗がある人は多いでしょう。咬み合わせの観点からも、歯はそろっている方が安定します。
さらに抜歯をすると、それだけ時間と費用の負担が大きくなります。もし矯正治療専門の歯科医院に通院している場合は、抜歯のためだけに紹介状を発行して、一般歯科診療に対応している別の歯科医院に行かなくてはいけません。
例外として、親知らずは抜歯が推奨されることが多くあります。矯正治療の選択肢が広がるとともに、虫歯や歯周病になるリスクが高い親知らずを抜くことで、お口の健康を守る目的もあるからです。

非抜歯のデメリット

大和市・アポロニアデンタルクリニック

症状や口の状態を見極めて非抜歯矯正をしないと、顔のバランスや咬み合わせについて新たなトラブルが起こりかねません。

スペースがないところに非抜歯で無理やり歯を並べてしまうと、前歯がはみ出るような形で口元が出っ張ってしまうことがあります。
さらに、歯肉への負担が大きくなって下がってしまう「歯肉退縮」という症状が起こり、歯が長く見えて隙間も広がります。そうすると、虫歯・歯周病・知覚過敏のリスクが高まり、最終的には歯が抜け落ちる可能性も出てきます。

また、無理に歯を並べているために、治療が終わってから歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」が起こりやすくなります。
非抜歯矯正には、歯並びや咬み合わせを考慮した精密な治療計画が必要です。