入れ歯|大和市大和駅で歯科をお探しの方はアポロニアデンタルクリニックまで

入れ歯

 

入れ歯とは

入れ歯は虫歯や歯周病などでご自身の歯を失ってしまった場合に、欠損部分を補う方法として最も一般的な方法です。
入れ歯を装着することで、咀嚼機能を取り戻すことができます。
他の方法(ブリッジ、インプラント)に比べて「外科手術の必要性がない」というメリットがあり、短い期間で作成することができます。

イメージ画像

入れ歯における、咬み合わせの重要性

特に「総入れ歯」において重要な要素となるのですが、「良い入れ歯」というものは材質や見た目だけではなく「咬み合わせが良いこと」が重要です。
入れ歯を製作してから、何度も調整を繰り返してもうまく噛めないということがあります。
これは作成した入れ歯の咬み合わせが悪いことが原因で、しっかりと噛めない状態で無理にその入れ歯を使い続けることで、あごの位置がずれたり、悪い「噛み癖」がついてしまい、入れ歯が安定していない可能性があります。
入れ歯を作る際には、咬み合わせをしっかりと考慮して作成することが、良い入れ歯のために必要なことなのです。

イメージ画像

自費の入れ歯と保険の入れ歯

入れ歯に限った話ではありませんが、保険適用の有無は基本的に「病気の治療等において最低限必要なこと」において健康保険が適用され、費用が安くなります。
保険の入れ歯は、総入れ歯の場合は「床」の部分(土台のピンクの部分)がレジンと呼ばれるプラスチック製となっており、これらは使い心地や見た目の面で自費の入れ歯より劣ってしまいます。 そうした機能面や審美面での優位性を持つのが、自費の入れ歯なのです。会話や食事において、自然な歯に近い形で利用できるため、費用は高くなることが多いですが、完成品の使用感における満足度は、保険の入れ歯のそれと比べて遥かに高くなります。

総入れ歯

イメージ画像

すべての歯を失った場合に、人工の歯を使った「総入れ歯」を使います。
違和感が初期にはあるのですが、歯科医院での定期的なメンテナンスにより、装着に徐々に慣れていくことが可能です。

レジン床

イメージ画像

保険で診療できる総入れ歯で、レジンというプラスチックで歯肉に触れる部分ができています。
患者様によっては違和感を感じることがありますが、金属製の入れ歯よりも熱伝導率が低いことで、食べ物の温度を感じづらくなることがあります。

金属床

イメージ画像

自費での診療となりますが、違和感がほとんどなく、レジンよりも薄い金属製の素材で歯肉に触れる部分ができています。
薄さと強度を併せ持ち、床などに落としてしまっても、割れたりする心配がなく、熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく美味しく食事を摂ることができます。

部分入れ歯

イメージ画像

部分入れ歯は、何本かの連続した歯が抜けてしまった場合、抜け落ちてしまった歯の前後に支えることができる歯が存在しない場合に用いる治療法です。
一般的には、金属製のバネで入れ歯を、健康で問題ない歯に固定します。

アタッチメント義歯

イメージ画像

自費診療となりますが、目立ちにくく、しっかりと噛むことができ、装着感もよく、グラつきがないのが特徴です。
金属製のバネで入れ歯を支えるという訳ではなく、精密な装置や小さな強力磁石を使用しているので、取り外しも簡単です。

ノンクラスプデンチャー

イメージ画像

どうしても保険診療で部分義歯をすると、バネや留め具などの金属があるので、見た目があまりよくないことを気になさる患者様も多いです。
しかし、「ノンクラスプデンチャー」はプラスチック製の義歯を支える部品を使うため、見た目がきれいで、金属製の金具も目に入らず、義歯床という義歯の支えとなる部分が歯肉とどうかするため、外からは入れ歯だと気が付きにくいのが特徴です。

 
アポロニアデンタルクリニック

予約はこちら

予約はこちら

 

診療科目

■一般歯科 ■小児歯科
■矯正歯科 ■定期健診
■スポーツガードマウスピース
■顎関節 ■審美歯科
■歯周病
 
 

診療時間

診療時間

土・日曜日午後は17時までの診療となります。


お待たせすることをできるだけ少なくするため、「予約制」とさせていただいております。お電話にて症状とご都合をお聞かせください。
■急患随時受付
■各種保険取り扱い
(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます)

 
当院へのアクセス

【住所】
〒242-0017
神奈川県大和市大和東2-7-5

【TEL】
046-259-7407
 
【電車】
●小田急・相鉄 大和駅 徒歩3分