コラム|大和市大和駅の歯医者、矯正歯科|土曜日曜診療|アポロニアデンタルクリニック分割料金可

診療時間
10:00~13:00
15:00~20:00

休診日:祝日
 ▲:15:00~17:00
※土・日曜日午後は17時までの診療となります。

〒242-0017
神奈川県大和市大和東2-7-5

tel. 046-259-7407
  • 地図
  • メニュー

大人の歯の矯正…治療期間の目安は?

皆さんこんにちは。
大和市のアポロニアデンタルクリニックです。

「時間がかかる」というイメージの強い、歯列矯正。
最近は大人になって行う方も増えてきていますが、ここがネックになって治療をためらう方も多くいらっしゃいます。

 

矯正歯科の治療期間

先にお話しする「歯科矯正の期間」とは、矯正装置を装着して、歯を動かす期間のことを指します。

 

すべての歯を矯正する「全体矯正」の場合、治療期間は1〜3年程度
前歯のみなどの「部分矯正」の場合は、全体矯正より短く、2ヶ月〜1年程度です。
 

ここに、矯正装置を付ける前に行う抜歯などの治療や、保定期間もプラスされます。
抜歯など行いながら、歯を広い距離動かす必要がある場合は治療期間が長くなり、歯の動かす距離が短いと治療期間も短くなります。
 

また、これはあくまでも平均的な期間で、装着する矯正装置の種類、治療の範囲、歯の状態、年齢などによって大きく変わります。
 

保定期間とは

装置を付けた歯科矯正終了後に何もしないでいると、動かしたばかりの歯は元の位置へ戻ろうとします。
これを「歯の後戻り」といいますが、この「後戻り」を防ぐために「リテーナー」と呼ばれる保定装置を使い、動かした歯を固定させて後戻りを防ぎます。

 

保定期間は、1〜2年程度です。
治療完了直後は歯が動きやすくなっているため、半年〜1年程度は1日中リテーナーを装着し、その後徐々に装着時間を短くしていきます。
1年半〜2年目以降になると、就寝中だけなど、1週間のうち数時間程度の装着時間に減らしていきます。

歯は一生動き続けるため、リテーナーは歯がある限りずっと着け続けたほうが良いとも言われています。
せっかくきれいになった歯並びが少しでも後戻りしないように、リテーナーでしっかりと歯を保定しましょう。
 

矯正歯科の時間がかかる理由

そもそも歯列矯正とは、装置を使って弱い力をかけることで歯を動かし、歯並びを整えていく治療です。

 
歯と歯を支える「歯槽骨」の間には、クッションのような「歯根膜」があり、歯根膜は一定の厚みで保たれています。
矯正装置を装着して歯に弱い力をかけると、かかった力が歯根膜に伝わります。
すると動く方向側の歯根膜が縮み、反対側の歯根膜が引き伸ばされます。

 
歯根膜には一定の厚さを保とうとする性質があるため、縮んだ歯根膜は元の厚さに戻ろうとし、伸びた歯根膜は元の厚さに縮もうとします。
そこで、歯根膜のすぐ横にある骨を溶かして歯根膜を広げようと、骨を溶かす「破骨細胞」の働きが活発になります。
さらに、伸びたほうの歯根膜は、その分だけ骨作ろうと、骨を作る「骨芽細胞」が活発になります。

 
このように、骨を溶かす「破骨細胞」と、骨を作る「骨芽細胞」の働きで、歯根膜の厚みが元に戻っていきます。
これを繰り返すことで、力がかかる方向に歯が動いていくという仕組みです。
 

まとめ

歯は強い力を一気に与えたからといって、早く動くわけではなく、無理に強い力を与えてしまうと、歯ぐきや神経が壊れてしまったり、歯根が溶けたりといったダメージを与えてしまいます。
そのため、歯列矯正はどうしても時間がかかる治療だということをご理解ください。